devdevdevReports

dev系開発開発者の開発日記

【WEBを支える技術】HTTPステータス編~名は体を表す~

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

  • 作者:山本 陽平
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

HTTPステータスとは

  • サーバーからクライアントにリクエストの結果を返すコード
  • HTTPステータスによってそのあとのクライアントの挙動が変わる
  • 仕様通りにステータスを返すことが重要

ステータスコードの種類

  • 1桁目でどの種類のステータスであるかを判別できる
  • 1xx:処理中
  • 2xx:成功
  • 3xx:リダイレクト
  • 4xx:クライアントエラー
  • 5xx:サーバーエラー

ステータスコードの意味

  • コンポーネント間の結合度を下げる
  • クライアントとサーバーを疎結合にする
  • クライアントの置き換えやサーバーのバージョンアップが行いやすい

エラー処理

プロトコルにあたフォーマットでエラーを返す

  • AtomPubを利用したWebAPIの場合、Atomで返す
  • Jsonを利用したWebAPIの場合、Jsonで返す

Acceptヘッダに応じたフォーマットでエラーを返す

  • クライアントからリクエストで指定

ステータスと結果の整合性

  • ステータスは200(成功)で、レスポンスボディには「File Not Found」となっているなど
  • 人間が理解できても、検索エンジンや機械が解釈を間違う。

【WEBを支える技術】を読む理由 - devdevdevReports

【WEBを支える技術】REST編 - devdevdevReports

【WEBを支える技術】URI仕様編 - devdevdevReports

【WEBを支える技術】URI設計編~良いURI設計とは~ - devdevdevReports

【WEBを支える技術】HTTP基礎編~シンプルさが標準化~ - devdevdevReports

【WEBを支える技術】HTTPメソッド編~名は体を表す~ - devdevdevReports

【WEBを支える技術】HTTPステータス編~名は体を表す~ - devdevdevReports