devdevdevReports

dev系開発開発者の開発日記

【日経コンピュータ】つかめ「人流」!官民連携ビッグデータ活用の舞台裏

つかめ「人流」!官民連携ビッグデータ活用の舞台裏

日経コンピュータの特集に「官民連携ビッグデータ活用」が取り上げられましたので、紹介します。

必要となった「人流」(人の動き)の把握

2020/03/31 政府が「感染拡大防止に資する」データ提供を企業に要請

2020/05/25 緊急事態宣言解除、クラスター発生分析などでも必要

本来の使用目的

  • 顧客企業が商圏分析やユーザー調査に用いる
  • 政府・自治体が観光振興やまちづくりに用いる

新型コロナ対策への使用用途

厚生労働省

内閣官房

自治

  • ビッグデータを活用し、地域住民の行動変化を分析
  • WEBサイトで掲載

各社のデータサービス

NTTドコモの「モバイル空間統計」

mobakumap.jp

取得方法

  • NTTドコモ基地局からデータを取得
  • 契約情報から性別、年齢の属性を取得
  • 1時間ごとにデータを推計

強み

  • ユーザー数が多い(7800万人)
  • 契約情報から属性情報を取得

弱み

  • エリア単位が広い(500メートルメッシュ)
  • 基地局からのデータ収集のため、細かい位置情報を取得できない

新型コロナ対策での使用用途

自治体への対応

  • どんな分析が可能か認知してもらうため、初回のみを無償提供
  • 2回目以降を有償提供

今後の展望

  • GPSとの組み合わせでより細かいデータを取得できるか

Agoopの「メッシュ型流動人口データ」

www.geospatial.jp

取得方法

  • 世界の50種類以上の位置情報アプリと連携
  • 許可を得たユーザーからGPSデータを取得

強み

  • 世界的にはユーザー数が多い(3000万人)
  • エリア単位が細かい(50メートルメッシュ)
  • エリア設定が柔軟

弱み

  • 日本エリアだとユーザー数は少ない
  • ユーザーの属性情報は取得できない

新型コロナ対策での使用用途

自治体への対応

  • 地方自治体や公共機関向け位置情報分析ツール「Papilio」の一部プランを無償提供

www.agoop.co.jp

  • csvでの元データも公開

今後の展望

  • 連携する位置情報アプリを増やせるか

ヤフーの「DS.INSIGHT」

ds.yahoo.co.jp

取得方法

  • Yahooアプリを使用して許可を得たユーザーからGPSデータを取得

強み

-位置情報のほかに検索履歴や購買履歴などの統計データも取得可能 -新型コロナ感染者の特徴的な行動と検索履歴、購買履歴と紐づけて分析可能

弱み

-ユーザー同意が必要なため、ユーザーが少ない

新型コロナ対策での使用用途

-厚生労働省クラスター発生の予測分析 -内閣官房:位置情報で都道府県間の移動分析

自治体への対応

-期間限定(2021/03/31まで)で無償提供 -オンラインでの説明会を実施

今後の展望

-検索履歴、購買履歴以外の付加情報を広げられるか

KDDIの「KDDI LocationAnalyzer」

k-locationanalyzer.com

取得方法

  • auアプリを使用して許可を得たユーザーからGPSデータを取得

強み

  • エリア単位が細かい(10メートルメッシュ)
  • 道路単位での通行量の分析、店舗の施設来場者数など細かい分析が可能
  • 契約情報から性別、年齢の属性情報も取得可能
  • 居住地や勤務地の推定し、エリアにいる人の集計単位が分類可能

弱み

  • auユーザーのみでユーザー同意が必要なため、ユーザーが少ない

自治体への対応

  • 期間限定(2020/07/31まで)で無償提供

今後の展望

  • 検索履歴、購買履歴以外の付加情報を広げられるか