devdevdevReports

dev系開発開発者の開発日記

【日経コンピュータ】高精度3次元地図

夢の自動運転へ~企業が取り組んでいること~

日経コンピュータのキーワードに「高精度3次元地図」が取り上げられましたので、紹介します。

高精度3次元地図(High Definition 3D Map)とは

  • 自動運転車向けに整備が進められている地図情報システム
  • 自動運転には不可欠な技術

仕組み

他技術との組み合わせ

  • カメラやレーダーなどの車載センサー技術と組み合わせる

得られる詳細情報

  • 詳細な道路情報や周辺物の絶対位置を認識できる

自動車との連携

  • ステアリング操作、ブレーキを制御できる

カーナビとの違い

カーナビ

  • 目的:位置情報を表示
  • 精度:メートル単位
  • 管理単位:道路単位

高精度3次元地図

  • 目的:自動運転システムの制御
  • 精度:センチメートル単位
  • 管理単位:車線単位

オールジャパンでの地図整備

莫大な開発費用

  • 初期費用:1000億円(日本の主要道路の地図情報を取得)
  • メンテナンス費用:数十億円/年

オールジャパン結成

進捗状況

2016年~2019年3月まで

  • データ整備
    • 全国の高速道路、自動車専用道の3万キロ分のデータを整備

現在

  • データ提供
    • 上記のデータを出社する地図会社を通じて、国内外の自動車メーカーに有償提供
  • データ整備
    • 一般道の地図整備に向けた準備

今後

  • 情報の付加(地図会社)
    • 収集した車線、信号、標識情報
    • 構造物の名称、店舗情報
  • 動的情報との連携(自動車メーカー)
    • 交通規制、道路工事、渋滞、天候の動的情報を付加して随時配信
    • 走行中の自動運転車から動的情報を収集

Google vs 連合軍

  • グローバルでも会社、国を超える連携が加速

  • Googleの開発

    • GoogleMapsを単独で開発